コーヒーと本があれば基本的に幸せ(出来ればiPhoneも)

より個人的なことを書くために、ボドゲブログから独立させたブログ。カフェと読書記録とアプリとその他つれづれなることを……

みえる壁とみえない壁と開いていないかもしれない瞳(『ワンダーウォール劇場版』の観想)

『ワンダーウォール』

2022年1月に観た映画は『ノマドランド』でしたが、2月に観た『ワンダーウォール劇場版』のはなし。短い時間だけど面白かった。下書きに感想をばーっと書いて、そのまま放置していた……しかし岡山さんはホント「便利」な役者さんですよねぇ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 相沢ユウ (@yuk.sim_o)

観劇してまず思い至ったのは「言うことを聞かない大学生のわがままをなんぞ取り上げるべくもない」という「大人の正論」めいた批判があるだろうなと直感し、APVのコメント欄は事実その通りで、果てはただのエリート批判(舞台が京大と「推測できる」ため)がベスコメになっている有様だった。だいたいエリートたちが優秀で奉仕的であったところで、私たちの生活は豊かで幸福になるよりも、画一的で統率の取れたものになるだけだと思いますがどうでしょう。

Wonderwall

Wonderwall

  • オアシス
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

本題から逸れましたが…ところでタイトルの『ワンダーウォール』といえば(私が)一番に連想するのはoasis の"Wonderwall”ですが、それを堂々とパクってる#Travis の"Writing To Reach You”の歌詞の中にもあるように「それで、ワンダーウォールってなんだっけ?」って言いたくなりますよね、まず。

Writing To Reach You

Writing To Reach You

現実にあった話をドラマ化したとおぼしきこの『ワンダーウォール』の「ワンダーウォール」は直接的には教務課に突如現れた、学生との間の仕切り壁といえるでしょう。「『壁の向こうの美人』に恋をしたのかと思った」といった志向で始まる物語もやはりOASISを引いているとは思うのですが、寮の現状存続を主導していた学生たちが、敵は壁の向こうの担当者ではなく、「壁の構造そのもの」であることに気づき、コミュニケーションすら取れない相手に途方に暮れるところで「物語」は終わります。

どうしようもない壁の前で途方に暮れるってとこで、やっぱり個人的には『天使は瞳を閉じて』(インターナショナルバージョン)を想起します。その最後のセリフは「おや、そこにいるね。さあ、握手をしよう」。舞台上の役者全員がまだ見ぬ誰かに届くよう手を伸ばすところで終わります。作者の鴻上さんなりの(悲哀のある)希望のみせかただと私は解釈しています。


www.youtube.com

翻って『ワンダーウォール』のほうは物語の終わりの後で、講堂内で楽しげ演奏するブラスバンドと、ただの役者としてその輪に加わって飛び跳ねるシーンが挿入されてまして、これがおそらく彼らの今後の「戦い方」というか「あなたに届く(Playing to Reach you)」ような方法にしようとしているものと想像されます。そして冒頭の「恋の話かもしれない」とリンクしていくのでしょうが、その辺は観て確認していただければと思います。

2021年12月に読んだ本まとめ

あけましておめでとうございます。ます。
今年もよろしくお願いします。

というわけで、いつものです。なかなか本が読めないのですがね……書かないとですし。

12月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:352
ナイス数:4

思えば遠くにオブスクラ【電子単行本】 上 (A.L.C. DX)思えば遠くにオブスクラ【電子単行本】 上 (A.L.C. DX)感想
タイトルとドイツに惹かれて購入。前半は海外生活あるあると日本食にはないレシピが読みどころとして描かれていますが後半、タイトルの「オブスクラ(オブスキュラ)」の通り、自己という暗くて広い暗室と、そこの部屋に世界の虚像を映し出す小さな光穴をほのめかす叙述をみてとることができます。下巻に期待してます。
読了日:12月31日 著者:靴下ぬぎ子
生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想 (星海社新書)生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想 (星海社新書)感想
第1部の第1章から第4章はかなり面白かった。憎悪、対立こそが人間の力の源泉であり、人間の社会は真の意味で多様性や自由を享受できるようになっていないとする言説に惹かれた。労働を嫌悪(疎外)しつつも生きるために労働にしがみつき、競争と世代・階層間の対立が強いられる現代をみるに説得力のある主張だと感じた。 逆に言えば、「解脱」の可能性への言及が必要だったとは言え、第2部は蛇足感がある気がする。 しかし読みやすさからしても良書であると思います。 表紙のつくみずさんのイラストも魅力的。
読了日:12月24日 著者:大谷 崇

読書メーター

 

 

a-yuu0.hatenablog.com

 

確かにそのマンガはすごかった。

この間、「このマンガがすごい! 2022」が発表されたそうですが、その結果が3か月ほど前(9/30)に自分がインスタにポストした記事のまんま(「この中でプッシュできるのは~」以下の文)だったそうなのでお知らせします。まぁ順当な結果ってだけじゃんってことなんですけどね……

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 相沢ユウ (@yuk.sim_o)

 

 

 

 

konomanga.jp

2021年10月に読んだ本のまとめ(ひさびさ)

『若き詩人への手紙~』ですが、まちがえてKindle版の方で登録してしまいましたが、実際は新潮文庫版を買っています。

マンガならもう少し読了しているはずですが、単行本や文庫の登録がコミックスで埋もれて見直しずらくなるのではと危惧して未登録です。まぁそのうち読書メーターにも登録するかもしれません。

10月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:95
ナイス数:1

若き詩人への手紙・若き女性への手紙(新潮文庫)若き詩人への手紙・若き女性への手紙(新潮文庫)感想
往復書簡、という体ですが、載っているのはリルケの手紙のみ。最初のほうはリルケの具体的なアドバイスが書かれていてとても参考になります。中盤から後半にかけては散文としても徐々に難解にはなりますが、詩的な表現は美しい。薄い冊子ながら読み応えがありました。分量は少ないので導入にオススメ。
読了日:10月30日 著者:リルケ

読書メーター

『あなたは痛いと知っている』After-talk6(最終回)

作者「中学生の頃、『女子を呼ぶときに苗字で呼び捨てにしない。いやがる呼び名で呼ばない』というマイルールがありまして」
女1「……アバンでジブンガタリとはこれ如何に」
作者「大人になってそういう苗字呼びでいきる男子ってのは微笑ましく見れるけど、まぁ当時としては、男ってだけで偉そうなのは嫌いでした。あ、この話別にオチはないです」
女1「は?」
作者「たまには真面目な話をしようかと思いまして」
女1「……いいけどもうちょっと工夫しようよ」

a-yuu0.hatenablog.com

――やらやっと最終章

女1「長い……長すぎる今回のアフタートーク
作者「いやいや、私にとってはいいことあるんで」
女1「はぁ」
作者「この前、W009『ほしあいのカニ』の第二版を用意しようと思ったら……ないのよメモが」
女1「……またですか」
作者「でもほら、After-talkに次回の方針書いてあったから、なんとかなるかも」
女1「……これだから作家志望は(ブツブツ)」
作者「じゃあ、最終パラグラフの別案の説明は女1さんにお任せしますね☆」

オールドファッション

オールドファッション

  • back number
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

女1「はいはい(おまかせしますね☆じゃなねぇっての)……このドーナツつまり円環状のものが、ループとか繰り返しの示唆ですよね。わざわざ『オールド』ファッションってのも昔語り(といまの未来)を表してるわけで。で、このドーナツを一口食べると輪を抉って『決』を促すものって意味になって――そうして「僕」がそれを彼女にかざすことは、設定年齢的に離婚(と結婚?)の決断を迫ることになるわけですよね。そうすると「僕」の『左』ポケットに入っているのは結婚指輪(旧か新)で……まぁそれなら彼女は寝ててはいけないんですけど」
作者「でもそういう解釈で行ってもよかったんだけど、結局、円環のままであること、寝たままでいることを選んだ」
女1「もしかして彼女が起きると世界が壊れるからですか」
作者「いや、そんなエウレカセブン的な世界観は採用してるわけでないんだけど……当初は「僕」が起こすことになってたんだけども、起こす必要がないなぁと感覚的に思いまして」
女1「そのせいで「僕」の狂気が際立つという」
作者「ははは……モデルは私なの分かって言ってますよね」
女1「ところで、back numberの曲のリンクがあるのは……」
作者「ああ……『風と月』が本作にも入ってるからですね」
女1「……ここにきて繋がりのないモチーフ――」
作者「……味と思っていただけたら……」

アポトーシス

アポトーシス

  • provided courtesy of iTunes

女1「次は髭ダンですか……」
作者「彼女を起こさない選択をしてから、このパラグラフの雰囲気づくりに困ってたところにラジオから流れてきたのがこの曲でして。使っているのは『祭りのあとのように』ですが」
女1「……あれっ? 彼女はもう死んでいるの?!」
作者「まぁそういう解釈もアリですけど」
女1「じゃあ前に言った『風と月』――悠久なるもののモチーフを出してきてそれを否定しているのも――」
作者「唐突に出してきて変だったでしょうが……」
女1「……『風が吹かない』とそもそもリアル感が消えるでしょうが」
作者「……はい、すいません」
女1「だから死んでる(殺されてるかも)って思うでしょ!」
作者「はい、すいません。でも「僕」の狂気のホラーな話だったって解釈も成り立つんですよ――」
女1「うるさい。私はそういうの嫌い」
作者「はい、すいません」
女1「じゃ、そういうことで」
作者「えっ」
女1「ちょうどいい分量なので帰ります……またどこかでお会い、お逢いしましょう!」
作者「……唐突な終了宣言――」

note.com

続きを読む

『あなたは痛いと知っている』After-talk5

女1「ところでいまでも消毒でオキシドールって使ってるんですかね?」
作者「さぁ……それよりもせっかく出してきたこの『オキシドール』の連想が弱くて……前回の『白々しい』のくらいで。本当は『白々しい』でなくて『汗臭い』が入る予定で「対比」だったんですけど「連想」になっちゃいました。パートⅡでは、言葉の文脈を越えた飛躍があんまりないんですよ」
女1「メインはアニマルパレードだもんね」
作者「いや、言い方……」

a-yuu0.hatenablog.com

――猫、犬、猿、クマー

作者「まぁ実際のところですよ!」
女1「毎度唐突だけど、なんですか?」
作者「オタク系の14歳男子が、大人とはいえ女子相手にそんな流暢に話せるわけないと思いませんか?!」
女1「まぁ……難しいんでしょうね」
作者「そんなわけでⅡパートは先生も生徒側も大いにフィクションですね」
女1「リアリティを求めるとテンポが悪くなって読みづらい、と」
作者「いや、書きづらくて……」

――フィクションだからM(マリア)

作者「このパートは完全にノリで書いてますからね、それを隠そうともしてないし」
女1「マリーMarieだのメアリーMaryだの言ってるあれなんですか」
作者「ノリーNorie」
女1「……」
作者「そう言えば『マドンナ(Madonna)B』も出したし、(性態度の)対比としてマリア(マリー、メアリーはマリアの変形)が出てもいいかと思ったんですが、まぁそれこそ『成人漫画』の方向へ行きそうなんで止めました」
女1「止まって良かったですね……つまりⅡのサブタイはその名残と」
作者「マドンナの出た映画かなにかをもじって、ね」
女1「作中に辞書も出てきて、これだけ『マリア』って言ってるのに『まりや』のほうは出ないんですね」
作者「……出したくても秋ではないし、別れでもないし……」

September

September

――どうでもいいけど、「決まり悪い」って表現すき

作者「じゃあ次のⅢパートの話Cさんの登場をカットしようかだいぶ迷いましたけど……一番大事だった『次のパートに入る前に「僕」のあだ名を呼ぶ』という役割が、ラストパートの書き換えによってなくなってしまったので」
女1「お、誰得なオマケ情報」
作者「彼女は彼女でいろいろ抱えていそうですけど、まぁまた機会があればもう少し深く書きましょう……このアフタートークも終わって早く次行かないとねっ!」

――『八月の陽炎』『登高』『愛燦燦』『Atomic Heart』『風をあつめて』

作者「階段を上ろうとするだけで、イメージの渋滞のしようですよ」
女1「階段を降りるのと上がるのがメインの小説ですもんね」
作者「ま、まぁ、構造的にはそうだけど……描写やイメージの跳び様には気合を入れてるとこってことです」

八月の陽炎

八月の陽炎

  • マカロニえんぴつ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

作者「前に話した『青春病』はまぁ聴けばわかると思うのでいいとして、マカロニえんぴつの『八月の陽炎』からは歌詞的に選んだのは『紫の影』っていうありきたりなとこだけだけど、全体をただよう『陽炎』みたいな表現はフィルターとして使ってます」
女1「フィルター?」
作者「比喩的な言い方したけど、まぁ感覚的なものなんでそういうしか……」
女1「それよりも『愛燦燦』のほうがアレでしょ?」
作者「ラストシーンの『過去の佇む睫毛と未来を待つ瞼』はもちろん小椋佳先生からで、ここでは『燦燦』がフライングで登場しますが」
女1「愛33-4」
作者「なんでや! 阪神関係ないやろ!」

innocent world

innocent world

  • provided courtesy of iTunes

――「真っ青」とか「群青」でもなく

女1「そんなお決まりはいいとして――この有名な青いブックレットが出てくるとこですけど」
作者「……前にも話した通り、『玻璃(ガラス)』ときているので『瑠璃』で受けてます。『青』とか『群青』のほうが断然『青春』と相性が良いわけですが、それはそれで芯にあたりすぎててどうだろうというのも考慮にあります」
女1「会心のあたりだからって恥ずかしいですか? 堂々とホームラン打たせればいいじゃないですか」
作者「泥臭いヒットこそ瞠目に値するのですよ」
女1「無理に作品最初の『盲目』とかけなくていいですから」
作者「……」

 ――実は踊り場の窓から見える空は少しだった、と思う。

作者「もうラストパートの解説が入らないから脇に話を逸らすけど、本当の母校の踊り場にはね『三角の牛乳パックを積んで運ぶための六角形の専用ケース』を置く高~い棚があって、窓の大半を塞いでたのよね」
女1「テトラパック! ……歳とか出身地とか一気にバレるネタバレ乙です」
作者「ども……ごはんに牛乳、そしてどうにも扱いにくい三角パック……学校にはナゼがあふれてましたねぇ」

三角パックの牛乳が消えたのはなぜ?

 

note.com

『あなたは痛いと知っている』After-talk4

a-yuu0.hatenablog.com

女1「思ったんだけど……」
作者「なんですか?」
女1「この前あなた言ってたけど、Dさんが上から見下ろしてるシーン――腕組みしてるかもねって言ってたでしょう。それってもう旧アスカの登場シーンじゃないですか」
作者「ああ……確かに」
女1「年代的にエヴァはバッチリでしょう? TVシリーズは1994~95年だったはず」
作者「ま、迎合的なキャラでしたね」
女1「……(余計なこと言いやがったよコイツ)」

――ハゲとハレ

女1「ってかようやくⅡパートですか……最初は本の話ですね」
作者「はいはい、ちゃんと実際に出版されているものですよ」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 相沢ユウ (@yuk.sim_o)

作者「私、図書室に入れてくれるように頼んだ記憶があるんですよね『あしたは晴れた空の下で』を。この作品で出てくる『ハゲ』の先生にね」
女1「……作中ではずいぶんな言いぐさですけど?」
作者「頼んだのは2年でしょうからね……まさかライバルになるとは」
女1「いや、ライバルではないと思うんだけど……」
作者「まだ母校にいるらしいんですよ、時間止まってんじゃないかなぁ彼の周り……」

――それはグーグル先生が現れる前の……

女1「それよりこの国語辞典がどうこうってなんですか」
作者「いや、いつか使えないかなと思ってたのよマジで。でもすっかりググレカスな時代になっちゃったじゃないですか。もうこんなネタは時代錯誤で使えんなと思って、ここで出してみました」
女1「はぁ」
作者「ほんとにそのページの変色が激しいの……みんな『性交』とか『セックス』とか調べすぎ
女1「……あんたもだよ」
作者「てへっ」
女1「せっかく作中ではぼかしてんのに……アカbanされたらどうすんの……」
作者「てへっ」

――真面目で親身で温かみのある良い先生でしたホントに

女1「第2パラグラフからの保健室のシーン、まぁ『保健室』ってちょっと学校内ではちょっと異質な空間と言えなくもないけど……ずいぶん毛色変わるよね?」
作者「根本は黒なのに真ん中は金髪、みたいな? 染め忘れたのかなぁ?」
女1「茶化してますけど、あなたの作品の話ですよ?」
作者「そうそう、長々と茶化してるんですよね……思ったよりノリノリで茶化してしまっただけで、『金隠し』ならぬ『照れ隠し』ですよ」
女1「……なんか他に言うことない?」
作者「……F先生、キャラを崩しまくってごめんなさい……」

――なんだかんだで苦労話

作者「じゃ、じゃあ、ここは解説させて下さい……たった2行程度なんだけど書き直しまくった個所があるんで」

さっき女子トイレから漏れ聞いた、レモン石鹸にくすんだ泡(あぶく)の噂話よりも、いま保健室の大きな玻璃(がらす)にうつる、中庭を闊歩する男子の一団の白々しい喧噪が僕には居心地の悪いモノだったんだ。

女1「とりあえず、『玻璃』は分かります。『玻璃も瑠璃も照らせば光る』」
作者「これがために『瑠璃』も後で出てきますが。『玻璃』をガラスと読ませるのはもちろん、はっぴぃえんどの『風をあつめて』を意識してます」

風をあつめて

風をあつめて

  • provided courtesy of iTunes

作者「ガラスの向こうにあるのは『摩天楼の衣擦れ』ではなく、『白々しい喧噪』となるんですけど、これに対応するのが『レモン石鹼』で、色、意味ともに正直ちょっと微妙なんですよね」
作者「それに女子グループの一種の陰惨さを知らないわけじゃないけど、男子グループの男社会的価値観に辟易しているから、それよりも女子の輪のほうがまだフィクションがある、というのを端的に表現するのが大変で」
女1「いまこの喋ったまんま書けばいいじゃない」
作者「いや、その……詩的ノスタルジーとか、ま、まぁ次いきます……」

ただ高きに登りて見下ろしたい猿山には居たくない

女1「あえてカギカッコ付けてないんですか?」
作者「引用元が分かる必要もないので……『高きに登る』つまり杜甫の『登高』です」

作者「この文章内の『猿』は杜甫の『登高』に出てくる”猿嘯哀し”から。後で出てくる”滾々(コンコン)”という表現もこれを踏まえています
女1「……ってか、くるりの『リバー』が今作のイメージ元ってのがないとまず出てこないよ」
作者「『リバー』は『長江』のことだったのかと自分で気づく……ちなみにこの『登高』も中学校の教科書で出てきたはずです」

――「せっかく隣同士だったのに、席が変わっちゃった」

作者「残り文字数が少ないので、もう次のパラグラフに……F先生の話(「僕」に元気がないとG先生が養護のF先生に話していたの)は実話ですけど、より事実を言うと2年生のどこかのタイミングでそれを私は聞いたはず……作品的にはどうでもいい話ですね。しかしまぁ些末なことでうじうじ悩むのもんじゃないですか学生時分って」
女1「――で、本当に、席が隣じゃなくなっただけってハナシなんですか?」
作者「……だって隣同士っていう最強のシチュエーションがなくなるんだよ! その間に物語が始まってもらわないと!
女1「やっぱりあんた少女漫画みすぎだわ」

note.com