読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーと本があれば基本的に幸せ(出来ればiPhoneも)

より個人的なことを書くために、ボドゲブログから独立させたブログ。カフェと読書記録とアプリとその他つれづれなることを……

今週の曲紹介のコーナー(J-pop部門)―星降る頃を過ぎても / Speaking / talking / ナナシツジ―

っていつからコーナー化したんだか……

まあそれは置いといて、iTunesの「New artist スポットライト」にこの前ご紹介したEmi Nakayamaさんが出ていてちょっと嬉しくなりました(^^)

そして以前にこのiTunesの「New artist スポットライト」に掲載され、Apple musicに出戻りするきっかけになったアルバムがこちら↓

◯『Everlasting Night of Teenage girls』より、星降る頃を過ぎても / H△G

星見る頃を過ぎても

星見る頃を過ぎても

  • H△G
  • J-Pop
  • ¥200

何故かほとんど別れの曲なんですが、それでも前向きなところ10代っぽいということかしら?

ボーカルがボカロっぽい声なところが逆に若者に受けそうな感じです。

forget-me-not

forget-me-not

  • H△G
  • J-Pop
  • ¥200

お次はFM山陰の「16年1月V-airツキ押しJP」で推されていたチューン。アップテンポで多様な音色を使ったスウィングポップ、中性的なヴォーカル……ありきたりといえばありきたりなんですが、なんか新鮮さを残す曲です。

◯Speaking / Mrs. GREEN APPLE


Mrs. GREEN APPLE - Speaking

Speaking

Speaking

  • Mrs. GREEN APPLE
  • ロック
  • ¥250

 ◯talking / KANA-BOON

talking

talking

そう、"Speaking"ときたのでtalkingです(^_^;)

KANA-BOONなんで、今更余計な事かかなくてもいいですね。

1234」なアレが印象的なビート(^^ゞ

 ◯ナナシツジ / シナリオアート

ナナヒツジ

ナナヒツジ

  • シナリオアート
  • ロック
  • ¥250

 上の2曲は『全てがFになる』の主題歌なんですね。知らんかった……talkingを探している時に一緒に出てきたので聴いてみたら、こっちのほうがアニソンっぽくて、それはそれでいいですね^^