コーヒーと本があれば基本的に幸せ(出来ればiPhoneも)

より個人的なことを書くために、ボドゲブログから独立させたブログ。カフェと読書記録とアプリとその他つれづれなることを……

オカダノリコ「空にスカート」『小さな音』〜水曜日のMuses〜

前回書いた通り、今回はオカダノリコさんの紹介でございます。

 

a-yuu0.hatenablog.com

◯空にスカート / オカダノリコ

アコギだけのシンプルな音色と彼女のブルージーで力強い声が印象的な声と、リリカルなリリックが印象な曲。

曲の後半でアコギをかき鳴らす展開がまた熱く、7分という長さを感じさせません。

声は小鳥美術館の人とも似てるかなぁと思いますが。

リンク先にもある通り、このCDを買えるレコード店は限られてます。アーティストさんから直接買う手もありますが(私は郵送にて直接買わせていただきました)。

http://blue.zero.jp/cochineal/chiisanaoto3.html

カフェ・喫茶店巡り:『こもれびとサンセットカフェ』

訪れたのは11月の3連休初日、紅葉シーズン真っ只中の大山…そう、最繁忙期と思われる時期なので、あまり参考にならないかもf^_^;

 f:id:A-yuu:20171123104056j:image

大山の博労座にある交差点、一番眺めのいい位置にあるこちらのカフェ、大山町観光協会の2Fにあります。昔は大衆向けレストランだったような気がしますが印象がないので覚えてません(苦笑)

ともあれ新しくキレイなカフェになってました。

f:id:A-yuu:20171117132425j:image

受付では30分くらい待ち時間があるとのこと。席のほうはだいぶ余裕があるのに…新規オープンでオペレーションが機能していなかったのでしょうか?

私が注文したのは『ビッグマウンテン・アボカドバーガー』¥1300

味は…美味しかったと思います(^_^;)

何しろご飯が来ないとクズる我が子をあやすのが大変だったもので、味わって食べられなかった…

コーヒーはラバールさんのだそうです。なので温かいうちは美味しい。冷めると少し酸っぱくなるやつですな

Kindleの「IT/専門書フェア」が11/16までですって奥さん!

専門書なんて読まない…と思ってるそこの奥さん!(どこの?)

意外と「専門書」とか「IT」ばかりじゃないのです。

私の一番のオススメは『人工知能は人間を超えるか』です。内容は既にAudibleで聴いていますが、「ディープラーニング」を除けば難しくなく「ディープラーニング」は難しい概念ですが、知的好奇心をそそられKindleで買ってみました。¥351と安いですし。

Amazon.co.jp: 【50%OFF以上】IT/専門書フェア: Kindleストア

 

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
 

 ほかに気になる本は『海外ドラマはたった350の単語でできている』です。

確かに他の本でドラマや映画で使われている英単語はせいぜい300〜400程度ということを聞いたことはあるのですが、評判が良さそうなので、もう少し安くなれば買うかも(^_^;)

 

海外ドラマはたった350の単語でできている

海外ドラマはたった350の単語でできている

 

 

 

Throwing a Spoon 「clouds」『awakening』~水曜日のMuses~

夜、あらかたの家事が終わって、一人記帳作業をしようとするとき、
何らかの沁みるBGMがほしいと思って、okada norikoさんの楽曲が公開されてないかなぁとウェブを探してたどり着いたCD『小さな音』とその制作過程のはなし。

そのなかで「トウヤマタケオさんの自宅で録った」という記載があり、
そのままトウヤマタケオ→Thowing a Spoon(徳澤青弦とトウヤマタケオが結成したチェロとピアノのデュオ)という感じで行き着いたのがこの「clouds」でした(説明遠かった~)。

Amazonのレコメンドで『awakeing』が出てきたことがあり、その時から気にはなっていたのですが、ジャケットからの想像通り、浸れる曲。

◯Clouds / Throwing a Spoon


Throwing a Spoon / clouds

山梨県の山中の、早朝5時半から窓を開け放って録音したという、ある種ヘンタイ的なこだわりに支えられた張り詰めたような静謐さと、少し隙きのある暖かみが絶妙な頃合いの楽曲。

awakening

awakening

 

今回はThrowing a Spoonさんでしたが、今度はOkada Norikoさんのほうをフューチャーしますから……

PA!(Pickup Album)2017年10月版 fox capture plan

Track1のシンセサイザーの異世界感・透明感とドラム、ベース、ストリングスの生々しさがクールなフュージョンを作り出す「Cross View」
そしてTrack2「行雲流水」の疾走感あふれるグルーブを聴いて、
今回のピックアップはこれ!に決めてました(投稿は11月になってますが……)
10月は勝手にゲームミュージック的なものを選曲しようと思っていたのですが、ジャズになるとは思いませんでした。

◯Cross View / fox capture plan


fox capture plan / Cross View

Track9の、コールドプレイのカヴァー曲「Viva La Vita」もしっとりとしていて、
地味に好きなトラックではあります。
まぁ私が多くを語っても仕方ないので、どこかのストリーミングで聴いてもらえればと思います(公式では確認できませんでした)

UИTITL?D アンタイトルド

UИTITL?D アンタイトルド

 

 

Bassanova「Fire Escape (Featuring Austin Massirman)[Radio Edit]」『Lullaby』~水曜日のMuses~

最近、新曲からの紹介が多かった気がするので、
まあそんなに古くはない程度(たぶん2年くらい前)のとこから。

ダンスミュージックを取り上げるってあんまりないし、
解説とか出来ないんですよね(いつもそうだけど)、ツベに公式がないし……


Bassanova - Fire Escape (Featuring Austin Massirman)

非常にシンプルな構成と、クラシックなハウス的進行。

オランダのアーティストらしいのですが、どうもこのEPのほうはiTunesでしか(?)は配信してないみたいですね。 

Fire Escape (feat. Austin Massirman) [Radio Edit]

Fire Escape (feat. Austin Massirman) [Radio Edit]

  • Bassanova
  • ダンス
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

アンテナ「ぼやけた朝陽」『モーンガータ』より〜水曜日のMuses〜

先週からずっとくるりの(一部の)曲をヘビロテしてたので、くるりの新曲を入れようかとも思っていたのですが、それより前にセットしていた曲のままにしました。

◯ぼやけた朝陽 / アンテナ


10月18日Major Debut!!アンテナ GREETING VIDEO vol.3「ぼやけた朝陽」

ラジオで聴いたとき、「スピッツにこんな曲あったっけ?」とか一瞬思っちゃいました。草野マサムネさんの声に似てるような…いやボーカル処理にかなり意識してるはず(CD収録のとではマスタリングが違う。Youtubeのほうは生音っぽいですね)

独自の世界観が、とか、圧倒的歌唱力、とか特別良いところ、というまでは至らないとは思いますが、何か引っかかるのですよ。スピッツとかくるりのように長く居座ってくのかは分かりませんが。

モーンガータ

モーンガータ